組合概要

椿泊漁協の概要と現況

椿泊漁協は明治25年に認可を受け設立し、100余年至る歴史を持ち、徳島県南部東端に位置しています。
漁場は、阿南市福井町後戸地区から、椿泊・蒲生田岬(野々島、舞子島、伊島を含む)を経て、海部郡由岐町伊座利地区までの、県下に類のない、広範囲 にわたって各種漁業権を行使しています。
紀伊水道の内水と、太平洋の外水との合流点であり、また多くの天然礁があり、豊かな資源に恵まれています。又、最近は延縄、小型底曵網漁業等が盛んになり、後継者も多く従事しています。

名 称椿泊漁業協同組合
出資金1億215万円
役 員代表理事 1名、理事 8名、監事 3名
職 員 男子 5名、女子 8名
組合員

 139名 (正 119名、准 20名)

【年令構成】

 年令 20代 30代 40代 50代 60代 70以上

 人数  0  11  20  23  39  45

漁船数 189隻(5トン以上 54隻)
事 業

 販売・購買・共済・製氷・利用・上架・指導等

【販売】

全量組合へ水揚げ、共同出荷

水揚量 約1,127トン(イワシ類、養殖を除く。)

水揚高 (養殖・巻き網を除く一般漁船漁業)

・平成21年度   9億9,100万円  ・平成26年度   8億8,700万円

・平成22年度   9億9,100万円  ・平成27年度    10億3,300万円

・平成23年度   9億5,800万円  ・平成28年度    10億5,800万円

・平成24年度   9億1,100万円  ・平成29年度    10億 600万円

・平成25年度   8億7,900万円  ・平成30年度    9億3,600万円

 その他

 【業種】

・海士(アワビ、サザエ、ナマコ、ウニ、ワカメ、ヒジキ)

・一本釣(アジ、イサギ、サバ)

・延縄(ハモ、タチウオ、サワラ)

・磯建網(イセエビ、タイ、ヒラメ、ハゲ、メバル、ガジラ)

・小型定置(アジ、タイ、メジロ、ハマチ、アオリイカ、イサギ、イワシ)

・小型底曳(クルマエビ、アシアカエビ、カレイ、ハモ、イカ)

・カゴ(アナゴ、タコ)・養殖(ハマチ、タイ)

・敷網(アジ、サバ)・渡船

・巻網(アジ、サバ)・バッチ網(イワシ、シラス)

【施 設】

・給油、製氷、冷蔵、漁具倉庫、上架

・荷捌所は平成2年に現在地(谷ノ浦漁港)へ移転、活魚水槽(3トン)25基を有し、10基には冷却・加温設備を設置

・活魚、鮮魚、貝類を仲買業者(約7社)で競争入札し、京阪神出荷

  ※ 椿泊漁協では、業種毎にほとんどが周年専業です。