延縄部会 - 椿泊漁業協同組合

椿泊漁業協同組合
四国徳島の知られざる海の幸の宝庫「椿泊」(つばきどまり)
椿泊漁業協同組合
四国徳島の知られざる海の幸の宝庫「椿泊」(つばきどまり)
椿泊漁業協同組合
椿泊漁業協同組合
椿泊漁業協同組合
コンテンツに移動します
メインメニュー
リンク
延縄部会
構成員
延縄部会には、32隻の船が所属し、36名の漁業者が従事しています。
なお、20代の 若手漁業者から70代のベテラン漁業者まで幅広い年代層の漁業者が従事しています。
漁法
漁法として廷縄を使用し、対象となる魚に応じ海の上層から海底に漁具を流し、魚を漁獲 しています。
一般的に”はえなわ”と呼ばれる漁具を使用していますが、我々は”のべなわ”と呼んでいまず。
主な漁獲物
主な対象魚として、ハモ、タチウオ、フグ、サワラ、マグロ、赤物を漁獲しています。その漁場として、紀伊水道及びその周辺海域で操業しています。
状況や対象魚などにもよりますが、夜間に出漁する時もあれば、夕方出漁し明朝帰港する時もあります。
コンテンツに戻る