広報 - 椿泊漁業協同組合

椿泊漁業協同組合
四国徳島の知られざる海の幸の宝庫「椿泊」(つばきどまり)
椿泊漁業協同組合
四国徳島の知られざる海の幸の宝庫「椿泊」(つばきどまり)
椿泊漁業協同組合
椿泊漁業協同組合
椿泊漁業協同組合
コンテンツに移動します
メインメニュー
リンク
椿泊漁協の事業と使命
椿泊漁協は、10年ごとに県知事より漁業権の認可を受け、組合員はルールを作成して漁業権の行使をします。(組合員以外はできません。)
販売事業
・組合員が水揚げした漁獲物を出荷・販売しています。
※このために、荷捌所・活魚水槽・製氷機・冷蔵庫等の施設や設備を整え、魚介類が新鮮で安全で高く売れるよう努めます。

平成29年度の主な高級魚の水揚量(kg)
アワビ
5,881
タチウオ
66,095
イセエビ
12,656
タイ
27,130
トラフグ
138
サワラ
110,247
クルマエビ
1,649
ヒラメ
6,804
ハモ
286,452
イサギ
37,603
タコ
14,377
イカ類
67,718
購買事業
  • 組合員が、毎日安心して漁業ができるよう、燃料(軽油)や魚介資材を販売します。
共済事業
  • 各種保険の業務を行います。
利用事業
  • 上架施設や漁具倉庫を、組合員に利用してもらいます。
その他事業
  • 漁港の整備や漁礁の沈没、また稚魚や稚貝の放流等を行います。
  • 漁村の中核としての立場から、町の行事や活性化のために協力します。
  • 女性部・青壮年部活動を行います。

以上のように、組合は組合員が安心して漁ができるよう、漁に専念できるように努めるとともに、このすばらしい海の恵みを次世代へ渡せるよう事業を展開しています。

最後に
  • 魚・貝・海藻は、獲ってはいけない期間・大きさ・場所があります。また、使用してはいけない漁具や漁法があります。
  • 資源の保護や管理を市、将来にわたって海の恵みを受けて、新鮮で安全な水産物を提供していきます。
  • 漁業の3大リスク 
①天候に左右される ②魚が取れない時がある ③大漁でも価格が安い時がある
コンテンツに戻る